オーガニック

ミルクとキャットフード

子猫の頃は離乳食になるまではミルクで対応される方が多いと思うのですが、理由として生後1カ月~2カ月までは固定食を食べる事が出来ず、キャットフードを食べる事が出来ないとなっているからです。
生後1カ月~2カ月までは歯も成長しておらず、キャットフードをかみ砕いて食べるという事が出来ないので、固定食を食べる事が出来ない環境になっているので、無理して食べさせると、喉に詰まらせる可能性があるんですよ。
そのため生後1カ月~2カ月の子猫は栄養成分を沢山含んでいるミルクを与えて、成長してくように対応していく形になっており、固定食は食べさせない形で対応して、子猫に負担をかけない環境を作っています。

生後3カ月から段々固定食に変化させていくのですが、キャットフードをそのまま与えるのではなく、ふやかして与える形になっており、まだ成長期のお口にあわせてキャットフードを無理なく食べる事が出来る環境を作れます。
キャットフードをふやかすためにミルクを使用している所もあり、栄養を濃い状態で摂る事が出来るようになっており、子猫の成長をしっかりと対応出来るようにしています。
生後3カ月はまだ人間に例えると5歳なので、やっと色々な事を自分でし始める年になり、食事に関しても固定食を進んで食べる年齢となっています。

生後6カ月になると年齢は9歳となり、固定食を進んで食べるようになり、行動がアクティブになるので、だんだん普通の食事をするようになりますよ。
猫の年齢にあわせてミルクとキャットフードを使い分けていくと、猫に負担をかけずに食事をさせる事が出来るので、負担をかけない形で対応する事が重要になります。
特にうまれて3カ月は固定食の食事ができない猫が多いので、固定食に変換するタイミングをしっかり見計らって対応する事が、猫にとっても幸せな生活を送るために必要になりますよ。

また、ミルクとキャットフードを何ヶ月たっても両方与えていくと、健康的な生活を送る事が出来るので、両方与えていく方法も猫にいいとなっています。